お花見の前に!?お手軽ハナダイ釣り

投稿者:

マダイといえば、漁業の神様・えびす様がかついでいる事からも分かるように、釣り魚として代表的なターゲットと言えるでしょう。見た目も美しく食味も抜群。日本のお祝い事には欠かせない魚ですよね。

しかしながら、警戒心の高い魚であるため釣るとなると結構大変。ボウズ覚悟で出かけるような難易度高のターゲットなんです。(実際、私は専門で2回出かけ、トータル1匹しか釣れませんでした)

 

そんなマダイ、今回は比較的高確率で釣ってしまおう、というワケで九十九里に出かけてきました。

 

実は今回狙ったターゲット、タイはタイでもマダイではなくハナダイ。(正式名チダイ)

見た目はマダイとほとんど変わらないのですが、マダイに比べて小型の種という事で使用する道具もライトであり、釣り魚としては入門クラスに近いとされています。特に「乗っ込み」といわれる春先の産卵期には数釣りも可能で、初心者でもクーラーボックス満タン、なんていう事も珍しくありません。

 

マダイに比べて小型の魚、という事もあり、一般的に食味に関しては脂のノリがイマイチであり、マダイに比べて劣っているとされていますが、冬の個体はそうでもなく、でっぷりしていて脂ノリノリなんです。冬のハナダイはマダイと何ら遜色ないと個人的に思っています。

 

そんなハナダイ、寒い冬の沖釣りでしっかり確保する事としましょう。

 

因みに私を含めた多くの釣り人がそうだと思うのですが、

ハナダイを釣って持ち帰り、家族に「ハナダイ釣ったよ」とは言いません。

「タイ釣ったよ」、です^^;

 

 

仕掛けとエサは船宿で購入しました。天秤やコマセカゴ、道具に至るまで全てレンタル可能です。

 

1匹目。予想通り太っていました。

写真で見てわかるように、ハナダイはマダイにそっくりな魚なんです。

マダイは最大1m以上になるのに比べて、ハナダイは大きくなってもせいぜい40センチ。この時期ではアベレージで30センチ前後といった所でしょうか。

また細かな違いでは、正式名チダイといわれるようにエラブタが血のように赤くなっている点、尻尾の先に黒縁がない点等が挙げられます。

 

上の写真は以前釣った40センチオーバーのマダイ。魚に詳しくなければハナダイと見分けはつかないと思います。

 

 

前談が長くなりましたが、釣り方はいたって簡単。

コマセカゴに撒き餌のオキアミを7割程度詰め、エサのオキアミを針につけて仕掛けを投入し、船長の指示棚でコマセを撒き、仕掛けの長さ分(約2m)巻き上げて待つだけ。

 

うまくエサとコマセが同調すれば、コマセに魚が突っ込んできてエサを食うので、ギュンギュンと結構良い引きが楽しめるはずです。

特にハナダイは針に掛かると首を振って抵抗するので、「3段引き」といわれる独特な引きをしてくれ、これが実に楽しい!

コアではありますが、ハナダイファンが多くいるのも納得できます。

 

 

嬉しいゲストのウマズラハギも釣れました。ウマズラハギはカワハギの仲間でカワハギよりも食味は劣るとされていますが、釣れたてをしっかり血抜きしてやれば決してそんなことはありません。絶品の肝和えにありつけます。

実際、私がこの魚を釣った時、本命以上に嬉しかったです。

 

 

この日の全釣果。実は比較的渋い日にあたってしまい、あまり数をのばすことができませんでした。それでも30センチ前後のハナダイ4匹に38センチのウマズラハギ1匹という事でお土産には十分。

因みにこの日は本命ハナダイ、船中4~9匹の他、ゲストでマダイや40センチオーバーの大アジも混じったとの事。

 

はい、私は見事に船中スソでした^^;

 

 

気を取り直して、

帰宅後は釣れた魚を美味しく頂くとしましょう!

まずはシンプルにお刺身。皮は付けたまま湯引いてみました。

予想通り、冬のハナダイは脂乗っていましたね~。

 

酸味の効いたドレッシングを使ってカルパッチョ風のサラダにしてみても美味しいです。

 

実はハナダイ、鯛めしにするにはマダイより上の素材だと個人的に思っています。

30センチ弱サイズなら、我が家の5合炊き炊飯器にピッタリ!

 

アクアパッツァ。見た目といい大きさといい、色々な料理が楽しめる素材だと思います。

 

最後はウマズラハギの肝和え丼。釣らないと絶対に味わえない丼だと思います。

最高に美味しかった!

 

 

今回利用させていただいた船は千葉九十九里・片貝港の洋一丸さん。

片貝周辺では状況によりヒラメやイサキにも出ているようですが、基本通年ハナダイできるようです。

 

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です